現在地:トップページ > ニュース > 業界ニュース
業界ニュース
大和ハウス工業が卒FIT太陽光の余剰電力買い取りと電力販売のセットサービスを発表。蓄電池を新設した場合のプレミアム単価は税込22円/kWhだ。  大和ハウス工業は「固定買取価格制度(FIT)」による住宅用太陽光発電の買取期間が満了となる戸建住宅ユーザー向けに、太陽光発電の余剰電力買取および電力販売を行う「ダイワハウスでんき」の提供を2019年11月1日から開始すると発表した。
愛媛県松山市に四国エリアで最大級となるソーラーシェアリング発電所が完成。太陽光パネルの下では仏事などに用いられる「樒(しきみ)」を栽培する。 [スマートジャパン]  太陽光発電を中心とした再生可能エネルギー事業を展開するe-flat(東京都中央区)は、愛媛県松山市で開発を進めていたソーラーシェアリング発電所(営農型太陽光発電所)がこのほど完成したと発表した。四国エリアでは最大級のソーラー
一定の条件に基づいて買い取り価格を減額するという、太陽光発電の未稼働案件に対するFIT制度の改正案について、経済産業省が一部の内容を修正すると発表。2019年3月31日までとしていた系統連系工事の着工申し込みの受領期限を延長し、猶予期間を設けた形だ。[スマートジャパン 経済産業省資源エネルギー庁は2018年12月5日、「再生可能エネルギーの固定買取価格制度(
岩手県一関市に大型のメガソーラーシェアリングが完成。年間約700世帯分の電力を発電しながら、太陽光パネルの下では大麦を栽培する。 [スマートジャパン]  日本アジア投資は、同社がリニューアブル・ジャパン(東京都港区)および東急不動産と共同で、岩手県一関市で建設を進めていた営農型発電所(ソーラーシェアリング)「一関市鈴ヶ沢太陽光発電所」が2018年10月に完成したと発表した。同年1
経済産業省資源エネルギー庁は、50kW未満の低圧太陽光発電に対する安全規制を強化する方針を示した。電気事業法に基づく技術基準に適合していないと思われる案件については、立入検査などを実施する方針だ。 [スマートジャパン]  経済産業省資源エネルギー庁は2018年10月15日、「再生可能エネルギー大量導入・次世代電力ネットワーク小委員会」を開催した。その中で安全性の確保や長期安定